上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街のランドマークを企画する:商業施設士の資格。


webデザインの教室を池袋で探す
商業施設とはデパートやスーパー、商店街、レストランなどの飲食店、ホテルなどの宿泊施設、展示場などがある。自由な商行動を生業とする構築物というのが正式な定義となる。
商業施設士とは街の顔や施設の顔をつくりだす演出家、つまり商業施設のイメージ構成や空間構成、店舗の装飾やデザイン、ディスプレイなどを企画・設計するのが主な仕事。多くは店舗デザイン事務所やデパートなどが就職先、一部に独立開業する有資格者も居る。就職に有利なうえ、有資格者には手当を支給する会社もある。経済産業省・国土交通省の両大臣の認定を受けている資格となる。

・合格率:約45%。
・受験料:1万2600円。

一次試験は満20歳以上が受験資格。
二次は実務経験が必要(大卒・短大卒は1年以上、高専・専門学校は2年以上、高卒は3年以上等) 。





デザインを形にするエキスパート:パターンメーキング技術検定。


毎年新しいデザインを生み出すファッション業界において、商品に魅力を持たせるのは、もちろん有名デザイナーの新鮮なデザインや、つねに新しい素材の選定も必要であるが、パターンメーキングという技術が重要視されている。パターンメーキング技術とは、デザイナーが考え出したデザイン画を立体的な形にしたりする。その際には、いかに的確に型紙をおこすかというスキル以外にも、着心地よい製品にするために様々な工夫も行う。

・受験資格:特になし。
・合格率:約45%(3級)~約5%(1級)。
・受験料:5000円(筆記)。

この検定試験により、アパレルメーカーやデザイナー事務所などに就職した後に、パターン技術者として十分に活躍ができるスキルがあるか、デザイナーとして就職する者も習得しておくべき重要な技術があるか、評価される。ファッション業界を目指して学ぶ学生が卒業後、企業に認知してもらう基準となる試験と言える。
webデザイン in 広島教室

2~3級とも、一次試験として理論と縮尺製図の筆記試験が必要、合格者のみが二次試験の実技試験を受けられる。1級は、実寸によるフラットパターンメーキングと、ドレー ピング技術の実技試験が必要。

スポンサーサイト
 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。