FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいやオフィスを上手に演出するインテリアコーディネーター。


インテリアパースの教室を探す
住む人の「快適かつおしゃれな部屋で生活したい」というニーズに対し、個性や年代、ライフスタイルの情報を元に、部屋のデザイン、家具、インテリア、照明器具、カーテンなどをチョイス。素人には無いアイデアで、住居空間とライフスタイルの演出し、理想に近い住居空間をつくりあげる仕事となる。
住宅建設や内装施工業、住宅設備、百貨店、専門店への就職が有利になる、更に独立して事業を行うことも可能。住宅の演出に関しては主婦の意見が大いに役に立つことが多いのて、女性の需要が多く女性が活躍しやすい仕事と言える。

・受験資格:特になし。
・合格率:約20%。
・受験料:1万3650円。
・登録有効期限:5年。

この仕事は、資格がなくて可能であるが、資格を取得することで、広く専門的な知識をもつだけでなく、インテリアコーディネーターとして認められ、顧客に対する信頼度が増す。

一次試験としては、インテリアに関する商品知識や販売知識、インテリア構成材や住宅構造などに関する基礎知識が必要。インテリア関連法規に関する基礎知識など専門的な問題もあるので注意。学校や通信講座で学ぶのが効率的と思われる。
次に二次試験は論文とプレゼンテーションがある。プレゼンテーションは独学は難しいので、こちらも各種学校の講座や通信講座の利用をおススメする。





理想の住まいづくりを提案するライフスタイルプランナー。


近年はデザイン性重視の輸入住宅が人気であり、海外のライフスタイルにあこが憧れる人が多い。もっと快適で豊かな生活を送れる暮らしを提案するのが、ライフスタイルプランナーの仕事。この資格は、通商産業省指導のもとに1999年2月に始まった資格となる。就職先としては、ゼネコンや住宅販売関係が主となる。

・合格率:約70%(基礎試験)、約40%(上級試験)。
・受験料:1万円~。

ライフスタイルプランナーの資格取得には、基礎試験と上級試験の両方の合格が必要。
試験ではインテリアやガーデニング、コンサルティングに関する知識も問われる。基礎試験は18歳以上なら誰でも受験可能。上級試験を受けるには、基礎試験に合格したあと2年以上の実務経験が必要、本格的に仕事をしたいのであれば、やはり上級資格まで必要となる。
インテリアやCADでスキルアップする


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。