上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダルコーディネーターのお仕事。


ブライダルアドバイザーとか、ブライダルプロデューサーとも呼ばれる、結婚式のプロデューサー全般を請け負うのが仕事。
webデザインを栃木で学ぶ
結締式予定のカップルの相談として予算や希望に応じ、結婚式の形式、席次、食事などの情報を提供して、アドバイスや手配をするというトータルプロデュースの仕事。独自のオリジナル結婚式を望む人も増えおり、ブライダルコーディネーター のニーズが上がってきている。女性らしい心遣いやブライダルへの夢が仕事に結びつくので、OLからの転職組や既婚女性が多い。就職先としては、結婚式場以外にも、ホテル、レストラン、ブライダルプロデュース会社などが多い。
結婚式は人生最大のイベントなので、失敗が許されないという緊張感の中で作業をするが、やりがいはある作業と言える。仕事に就くには、特別な資格は不要であるが、結婚式にに関する一般的な知識やマナーは必要なため、養成スクールなどで基礎を学ぶのが一般的。ブライダルに関係あるフラワーデザインやテーブルコーディネイト、カラーコーデイネートなども勉強しておいた方が就職には有利といわれる。




広告で街の景観をデザインする 屋外広告士の資格。


まばゆいばかりのネオンサインや、パスや電車のしにせボディを飾って走る広告、老舗の伝統的な看板などが街にはあふれている。街を歩いていると、至るところに目に付く看板などの広告は、国や地方公共団体の景観対策などや大きさ、高さなどについても細かな条例がある。つまりどこでも自由に掲示していいわけではない、高級住宅街、墓地、学校、国立公園、橋、信号機、郵便ポストなど掲出禁止区域もある。

屋外広告士とは、屋外広告を提出しようとする屋外広告業社と地方公せっしよう共団体との折衝にあたり、技術的あるいは法的助言を行う仕事。屋外広告業は、今後ますます発展していく傾向にあり、将来性のある資格と言われている。全日本屋外広告業団体連合会にて実施され、国土交通大臣により認定された者だけが屋外広告士資格者となる。
DTPデザインの大阪教室


試験内容は設計・施工、屋外広告原論、関係法規などの学科と、施工管理法、デザイン構造設計などの実技。

・受験資格:18歳以上で実務経験3年以上の者。
・合格率:約45%。
・受験料:1万5750円。


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。