上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街のランドマークを企画する:商業施設士の資格。


webデザインの教室を池袋で探す
商業施設とはデパートやスーパー、商店街、レストランなどの飲食店、ホテルなどの宿泊施設、展示場などがある。自由な商行動を生業とする構築物というのが正式な定義となる。
商業施設士とは街の顔や施設の顔をつくりだす演出家、つまり商業施設のイメージ構成や空間構成、店舗の装飾やデザイン、ディスプレイなどを企画・設計するのが主な仕事。多くは店舗デザイン事務所やデパートなどが就職先、一部に独立開業する有資格者も居る。就職に有利なうえ、有資格者には手当を支給する会社もある。経済産業省・国土交通省の両大臣の認定を受けている資格となる。

・合格率:約45%。
・受験料:1万2600円。

一次試験は満20歳以上が受験資格。
二次は実務経験が必要(大卒・短大卒は1年以上、高専・専門学校は2年以上、高卒は3年以上等) 。





デザインを形にするエキスパート:パターンメーキング技術検定。


毎年新しいデザインを生み出すファッション業界において、商品に魅力を持たせるのは、もちろん有名デザイナーの新鮮なデザインや、つねに新しい素材の選定も必要であるが、パターンメーキングという技術が重要視されている。パターンメーキング技術とは、デザイナーが考え出したデザイン画を立体的な形にしたりする。その際には、いかに的確に型紙をおこすかというスキル以外にも、着心地よい製品にするために様々な工夫も行う。

・受験資格:特になし。
・合格率:約45%(3級)~約5%(1級)。
・受験料:5000円(筆記)。

この検定試験により、アパレルメーカーやデザイナー事務所などに就職した後に、パターン技術者として十分に活躍ができるスキルがあるか、デザイナーとして就職する者も習得しておくべき重要な技術があるか、評価される。ファッション業界を目指して学ぶ学生が卒業後、企業に認知してもらう基準となる試験と言える。
webデザイン in 広島教室

2~3級とも、一次試験として理論と縮尺製図の筆記試験が必要、合格者のみが二次試験の実技試験を受けられる。1級は、実寸によるフラットパターンメーキングと、ドレー ピング技術の実技試験が必要。

スポンサーサイト

住まいやオフィスを上手に演出するインテリアコーディネーター。


インテリアパースの教室を探す
住む人の「快適かつおしゃれな部屋で生活したい」というニーズに対し、個性や年代、ライフスタイルの情報を元に、部屋のデザイン、家具、インテリア、照明器具、カーテンなどをチョイス。素人には無いアイデアで、住居空間とライフスタイルの演出し、理想に近い住居空間をつくりあげる仕事となる。
住宅建設や内装施工業、住宅設備、百貨店、専門店への就職が有利になる、更に独立して事業を行うことも可能。住宅の演出に関しては主婦の意見が大いに役に立つことが多いのて、女性の需要が多く女性が活躍しやすい仕事と言える。

・受験資格:特になし。
・合格率:約20%。
・受験料:1万3650円。
・登録有効期限:5年。

この仕事は、資格がなくて可能であるが、資格を取得することで、広く専門的な知識をもつだけでなく、インテリアコーディネーターとして認められ、顧客に対する信頼度が増す。

一次試験としては、インテリアに関する商品知識や販売知識、インテリア構成材や住宅構造などに関する基礎知識が必要。インテリア関連法規に関する基礎知識など専門的な問題もあるので注意。学校や通信講座で学ぶのが効率的と思われる。
次に二次試験は論文とプレゼンテーションがある。プレゼンテーションは独学は難しいので、こちらも各種学校の講座や通信講座の利用をおススメする。





理想の住まいづくりを提案するライフスタイルプランナー。


近年はデザイン性重視の輸入住宅が人気であり、海外のライフスタイルにあこが憧れる人が多い。もっと快適で豊かな生活を送れる暮らしを提案するのが、ライフスタイルプランナーの仕事。この資格は、通商産業省指導のもとに1999年2月に始まった資格となる。就職先としては、ゼネコンや住宅販売関係が主となる。

・合格率:約70%(基礎試験)、約40%(上級試験)。
・受験料:1万円~。

ライフスタイルプランナーの資格取得には、基礎試験と上級試験の両方の合格が必要。
試験ではインテリアやガーデニング、コンサルティングに関する知識も問われる。基礎試験は18歳以上なら誰でも受験可能。上級試験を受けるには、基礎試験に合格したあと2年以上の実務経験が必要、本格的に仕事をしたいのであれば、やはり上級資格まで必要となる。
インテリアやCADでスキルアップする



ブライダルコーディネーターのお仕事。


ブライダルアドバイザーとか、ブライダルプロデューサーとも呼ばれる、結婚式のプロデューサー全般を請け負うのが仕事。
webデザインを栃木で学ぶ
結締式予定のカップルの相談として予算や希望に応じ、結婚式の形式、席次、食事などの情報を提供して、アドバイスや手配をするというトータルプロデュースの仕事。独自のオリジナル結婚式を望む人も増えおり、ブライダルコーディネーター のニーズが上がってきている。女性らしい心遣いやブライダルへの夢が仕事に結びつくので、OLからの転職組や既婚女性が多い。就職先としては、結婚式場以外にも、ホテル、レストラン、ブライダルプロデュース会社などが多い。
結婚式は人生最大のイベントなので、失敗が許されないという緊張感の中で作業をするが、やりがいはある作業と言える。仕事に就くには、特別な資格は不要であるが、結婚式にに関する一般的な知識やマナーは必要なため、養成スクールなどで基礎を学ぶのが一般的。ブライダルに関係あるフラワーデザインやテーブルコーディネイト、カラーコーデイネートなども勉強しておいた方が就職には有利といわれる。




広告で街の景観をデザインする 屋外広告士の資格。


まばゆいばかりのネオンサインや、パスや電車のしにせボディを飾って走る広告、老舗の伝統的な看板などが街にはあふれている。街を歩いていると、至るところに目に付く看板などの広告は、国や地方公共団体の景観対策などや大きさ、高さなどについても細かな条例がある。つまりどこでも自由に掲示していいわけではない、高級住宅街、墓地、学校、国立公園、橋、信号機、郵便ポストなど掲出禁止区域もある。

屋外広告士とは、屋外広告を提出しようとする屋外広告業社と地方公せっしよう共団体との折衝にあたり、技術的あるいは法的助言を行う仕事。屋外広告業は、今後ますます発展していく傾向にあり、将来性のある資格と言われている。全日本屋外広告業団体連合会にて実施され、国土交通大臣により認定された者だけが屋外広告士資格者となる。
DTPデザインの大阪教室


試験内容は設計・施工、屋外広告原論、関係法規などの学科と、施工管理法、デザイン構造設計などの実技。

・受験資格:18歳以上で実務経験3年以上の者。
・合格率:約45%。
・受験料:1万5750円。


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。